1人エッチ

ムラムラ性欲がやばい男性が性欲を抑える方法|オナニーやめたい人限定

性欲がやばすぎて悩んでいる・・・そんな男性は少なくないのではないでしょうか?
性欲があるのは健康な男性であれば当然のこと!

でもすぐムラムラするので仕事や勉強に集中できない、気づいたらオナニーをしている・・・こんなレベルだとやはり困っちゃいますよね!

勉強している時間よりも、エッチな動画を見ている時間のが長い…なんて人もいるのでは?!

そこで今回は「ムラムラ性欲がやばい男性が性欲を抑える方法|オナニーやめたい人限定」というテーマで、男性が性欲を抑える方法をご紹介していきます!

オナニーをやめたい、性欲を抑える方法が知りたいという男性は必読ですよ!

 

自分の性欲に悩む男性は多い!性欲をコントロールなんて本当にできるの?

冒頭部分でもお話した通り、自分の性欲に悩む男性は意外と多いものです。

とは言え、性欲は人間の三大欲求の1つ。

人間が持つ根源的な欲求です。

それをコントロールすることなんて可能なのでしょうか?

 

自分の性欲がやばいと思っているのはアナタだけじゃない!

草食系男子の増加、セックス離れが進む一方、性欲がやばいと悩む男性も一定数いるのです。

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男性1477名に「性欲が原因で暴走してしまうことがある」かというアンケートを行った結果、なんと全体の12.3%が「ある」と回答しているのです。(参考:©ニュースサイトしらべぇ)

およそ8人に1人が性欲を持て余し暴走・・・これってかなりの割合ですよね!

同じくしらべぇ編集部が行ったアンケート「自分の性欲は強いか?」では

  • 20代・・27.6%
  • 30代・・・35.3%
  • 40代・・・28.2%
  • 50代・・・31.9%
  • 60代・・・27.5%

となっています。平均すると男性の3人に1人は自分の性欲が強いと自覚しているんですね!

性欲の強さで悩むのはアナタだけではないのです!

 

そもそも性欲はコントロールできる?

性欲が強すぎるとオナニーばかりしてしまったり、ムラムラのせいで仕事や勉強が上の空になったりと困ることもありますよね。

先ほどご紹介したアンケートのように、性欲が原因で暴走してしまう人だっているのです。

そんな性欲ですが、そもそもコントロールすることはできるでしょうか?

答えは・・・YESです!

性欲をまったくなくすことは難しいですが、性欲は抑えることもアップさせることも十分に可能なのです!

なぜ可能かと言うと、男性の性欲の強さには男性ホルモン「ストステロン」が大きく関わっているからです。

テストステロンには衝動的な性欲を掻き立てる働きがあるので、テストステロンが多ければ多いほど男性の性欲は掻き立てられるのです。

要は、ストステロンが多量に分泌されると男性の性欲は高まり、少量であればあるほど性欲が低くなるということです。

このテストステロンの分泌量はある程度コントロールが可能です、それにくわえ、性欲を喚起する刺激を制限すれば、十分に性欲は抑えることができるというわけです!

これからその方法について詳しくお話していきますね!

 

【永久保存版】男性の性欲を抑えるための5つの方法!

男性の性欲はある程度コントロールが可能なことはわかっていただけたのではないでしょうか。

つまり性欲を抑えることだって十分に可能なのです。

今回ご紹介する男性の性欲を抑える方法は以下の5つです。

  1. .エッチな要素があるものを断捨離
  2. スポーツをする
  3. 食生活の改善
  4. オナ禁射
  5. 精管理グッズを使う
それぞれについて詳しく見ていきましょう!

 

エッチな要素があるものを断捨離

性欲は五感によって触発し喚起されます。

つまり性欲を刺激する要因を消し去れば、性欲がわきにくくなるということなんですね!

性欲が強い男性であれば、スマホやパソコンにエッチな動画が保存されていたり、アダルトサイトのURLが残っていると思いますが、即削除しましょう!

その他、部屋にあるグラビアも即処分、オナニーのオカズにしていたものはすべて断捨離しましょう。

それに加え、なるべく女性が多く集まるところには行かないようにしましょう。

合コンなどはもっての他です!

好みの女性を見てムラムラ、家に帰ってオナニーとなってしまえば元も子もありません。

 

スポーツをする

スポーツには性欲を抑える効果があります。

とは言え、性欲を逆に高めるスポーツもあるので何をやるかは非常に大切です。

例えばジムで筋トレはNGです。

筋肉量が増えるとそれに比例してテストステロンの分泌量が増えるので逆に性欲は強くなってしまうのです!

おすすめなのはマラソンです。

くたくたになるくらいマラソンをすると、テストステロンの分泌量が低下し性欲を抑えることができるのです。

よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長の奥井伸雄氏が行った研究によって、月間走行距離が200kmを超えるとテストステロン値が急に下がることが明らかになっています。

200kmというとかなりの距離ですが、犯罪を起こしそうなレベルで性欲がヤバイという方は試す価値があるでしょう!

 

食生活の改善

「医食同源」という言葉の通り、私たちのカラダは食べたものの影響を強くうけます!

食品の中には、性欲を高めるものと性欲を低下されるものがあります。

以下の食品は性欲をアップさせるので摂取はNGです!

牡蠣・マグロ・赤肉ステーキ・アスパラガス・トウガラシ・アボガド・チョコレート・おくら・卵・スルメ・・・etc

これらの食品を排除したうえで、以下の食品を積極的に摂りましょう。

大豆製品・トランス酸脂肪を含む食品・ほうれん草・タケノコ・バナナ・大根

特に積極的に食べたいのが「大豆製品」です。

大豆に含まれる大豆イソフラボンは別名「植物エストロゲン」と呼ばれています。

体内に入ると女性ホルモン「エストロゲン」と非常に似た働きをするためこのように命名されています。

テストステロンの働きを弱めるため、性欲が低下します。

豆腐や豆乳を毎日食べれば徐々に性欲が落ちついてくるはずですよ!

 

オナ禁

ここまでの3つの方法を試せばそれだけでかなり性欲は低下してきます。

気づいたらムラムラする回数が減ったかな?というレベルです。

ここまできたらぜひオナ禁をしましょう。

オナニーをやめたい人はオナ禁期間は確実にやめれますし、一定期間オナ禁をすると解禁した後もなぜか性欲が低下するんです!

それもすべて「テストステロン」が理由です。

オナ禁をすると7日目にテストステロンの値がMaxになります。

つまりここがヤマです。7日目を過ぎると今度はテストステロンの値が徐々に下がっていくのです!

つまりオナニーをしていないにも関わらずやりたいと思わなくなってくる可能性が非常に高いのです!

ですから、オナ禁は絶対に7日以上行いましょう。

ハンパにやると逆に性欲を刺激、爆発させてしまうので気をつけてくださいね!

オナ禁をすると以下のようなメリットが期待できます。

  1. 抜け毛が少なくなる
  2. 朝の目覚めが良くなる
  3. 集中力アップ
  4. 男性らしいキリっとした顔だちになる
  5. 美肌効果

オナ禁をしたらモテるようになった!という報告も多数あるので、ぜひ実践してみましょう!

 

射精管理グッズを使う

射精管理 貞操帯 CB6000S (ロングブラック)
射精管理 貞操帯 CB6000S (ロングブラック)

何を試しても性欲が抑えられない、オナニーしちゃう!

そんな男性は最後の手段に出ましょう。

それは・・・射精管理グッズを使うという方法です。

これは本来SMプレイの「射精管理プレイ」に使うグッズですが、中には勃起の自由さえ奪うハードなものもあるんです。

彼女がいる男性は彼女につけてもらって、南京錠で鍵をかけてもらいましょう。

その鍵を彼女に預けてしまえば、もはや自分で外すことができません。

狭いゲージにペニスを収納するので、ムラムラしてもスペースの問題上勃起できないんです。

射精などもっての他!

これならいやでもオナニーをやめることができるんです。

ただSMという別の性癖に目覚めてしまう可能性はありますが、試してみる価値は十分にあると思いますよ!

以上5つが男性の性欲をコントロールする方法です。

どれが自分にあっているかは実際のところ試してみないとわかりません。

しかしいきなりのオナ禁はハードルが高いのでまずは①・②・③を同時進行で実践し、性欲がマイルドになってきたところで、オナ禁をするという方法がベストでしょう。

ダイエットと一緒で、最初から飛ばすと必ず壁にぶつかりますので、焦らず少しずつ性欲を抑えていきましょう

 

『ムラムラ 性欲がやばい 男性』まとめ

いかがでしたか?

今回は「ムラムラ性欲がやばい男性が性欲を抑える方法|オナニーやめたい人限定」をお送りさせていただきました!

草食系男子が増えている今、性欲が旺盛な男性は貴重です!

でもムラムラが止まらず性欲がやばいという男性は、性欲を抑えないと突発的に痴漢などの行為に走ってしまう可能性もゼロではないのです。

今回ご紹介した性欲を抑える方法を試せば、性欲がやばい男性でもきっとムラムラを抑えることができるはず!

オナニーをやめたい男性はぜひオナ禁にも挑戦してみてくださいね!

オナ禁には嬉しいメリットがいっぱいあるのですから。

ぜひアナタも上手に性欲をコントロールして爽やかな毎日を送りましょう!