オナニー

ノーハンドオナニーはやめられない?気持ちいい妄想オナニーの仕方を公開

楽しいオナニーライフを過ごしていますか。

オナニーは自分の創意工夫でたくさん幅を広げられる無限の楽しさがあります。

そんなオナニーの中でもノーハンドオナニーが「気持ちいい!やめられない!」と噂になっています。

先日では、某YouTubeチャンネルでもそのような行為でイってしまっている女性もいましたし、近年注目のオナニーの一種。

ノーハンドオナニーは、名前通り手を使わないオナニーのことで、妄想オナニーともいわれます。

そんなやめられないほど気持ちいいノーハンドオナニー・妄想オナニーとはどのようなものかについて詳しくお教えします!

妄想で本当に気持ちいいのか?本当にイケるのか?といったところもひも解いていきたいと思います!

 

オナニーとノーハンドオナニーの違いは?

ノーハンドオナニーとは、手を使わないオナニーです。

手を使わないと聞くと、じゃあ机の角とか、アダルトグッズを使うんでしょ?と想像してしまうでしょう。

これが違うんです。

ノーハンドオナニーとは、クリトリスやヴァギナを触ることなく、妄想だけを使ってオーガズムに達することを言います。

まさに「手を使わない」オナニーです。

手を使わないのに、やめられないほど気持ちよくなるはずがないと思うでしょう。

私もそうでした。

しかし、実際に成功してみると、快感や達成感で普通のオナニーでは感じることのできない気持ちを得ることができました。

普通のオナニーとは全く違う世界の快感です。

もう少しノーハンドオナニーについて掘り下げていきましょう。

 

ノーハンドオナニーがやめられなくなる3つの理由

手を使わないノーハンドオナニーの素晴らしい点は3つあります。

ずばり

  • 手を使わないから清潔
  • 自分の思い通りの世界で気持ちよくなれる
  • 究極にリラックスできる

という点です。

 

手を使わないから清潔

手を使わないことは自分の手を洗わなくていいというほか、膣に雑菌が入らないというメリットもあります。

汚れた手でオナニーをすることは多くないと思いますが、それでも稀に性感染症になってしまう人がいます。

膣の構造的にも、雑菌が入ってしまえば繁殖しやすいので、男性よりかは不衛生になってしまいがちです。

ノーハンドオナニーでは膣やクリトリスを触ることは決してないので、その心配は絶対にありません。

オナニーの後に、1人虚しく手を洗うといった事もないという事ですね。

終わった後は、すぐに寝れるといったメリットもありますね

 

自分の思い通りに気持ちよくなれる

妄想オナニーの最大の刺激は妄想です。

妄想の世界で気持ちよくなることで、それを現実に結び付けるので、どんな世界でも楽しむことができます。

いつものオナニーでは、クリトリスや膣の表面的な刺激に頼りがちですが、妄想オナニーでは想像次第で色々な刺激を感じることが出来ます。

思い通りの世界で気持ちよくなれることは、オナニーに充実感をもたらします。

妄想オナニーで、自由自在にイケるようになれば、昼夜場所問わずに1人でできる事もあって、会社でも学校でも電車通勤中も可能になるのでは?と思う方も多いのでは?!

かつ、バレる心配もいらないという事で、これは自分のモノにしたいスキルでもありますよね。

 

究極にリラックスできる

オナニーで刺激を与えるのにリラックス?と思うかもしれませんが、ノーハンドオナニーはまるで意識を失うような究極のリラックス状態を作り出すことが必要です。

脱力感、快感に同時に包まれるので、日常生活では味わえないほどのリラックス感を得ることができます。

ノーハンドオナニーがやめられなくなる点はここにあるといっても過言ではありません。

私も経験がありますが、病みつきです。

 

ノーハンドオナニーはやめられない程にイケる?

オナニーというからにはオーガズムに達することができるかどうかは非常に大切な問題です。

イクことはオナニーのゴールでもあり、目的であります。

それではノーハンドオナニーではどうかというと、かなり難しいが、続けることでイクことができる、と言えます。

ノーハンドオナニーでイクことはかなり難しいです。

手を使わずにイこうとしているのですから、難しくて当然です。

一体どうやってイクのか、というと本当に妄想だけでイってしまうのです。

経験したことがない人は全く意味がわからないと思うので、ノーハンドオナニーのやり方・コツを説明しつつ、ひも解いていきましょう。

 

手を使わずにイク気持ちいいノーハンドオナニーのやり方

ノーハンドオナニーをするうえで気を付けなければならないことがあります。

それは

  • イクことを意識しない
  • とにかくリラックス
  • ある程度で諦める気持ちをもつ

という点です。

ノーハンドオナニーではイこうとする気持ちは焦りにつながってしまいます。

極限のリラックス状態を作り出す必要のあるノーハンドオナニーでは焦りは禁物です。

気を付けなければならない点を守ったうえで実践してください。

 

リラックスできる空間を作る

まずとても大切なのが空間です。

ノーハンドオナニーは、誰かが入ってくるかもしれないという緊張感があっては楽しむことはできません。

自分の世界にしっかり入れるリラックス空間が必要です。

できれば外部の音を遮断できるくらいの空間がおすすめです。

ノーハンドオナニーでは、車の走行音、他住民の生活音なども障害になってしまいます。

特になれないうちは完全に一人きりになれる空間で実践するようにしましょう。

なので、職場とかやるには少々相当な鍛錬が必要にはなってきてますね。

職場でサクッとしたいという方は、残念かもしれませんが、慣れればそのような場でするのも可能です。

 

膣をグッとしめ、力を抜く動作を繰り返す

リラックスできる空間にはいれば、自分のもっとも脱力できる体勢をとりましょう。

仰向けに寝転ぶ姿勢で大丈夫です。

そしてゆっくりと深呼吸をして、呼吸を整えます。

何も考えなくなるくらいゆっくり深呼吸に集中してください。

心が落ち着けば、意識を膣に向けます。

意識を膣に向けるために、膣を締め、緩める動作を繰り返します。

このとき大切なことは、締める動作ではなく緩める動作に強く意識を向けてください。

緩めるときに力が抜けるという明確な意識をもって力を抜くようにしてください。

膣や全体が温かく感じ、ムズムズしてくればその調子です。

最初のうちは膣に意識を向けると触りたくなってしまいますが、その気持ちは我慢です。

その「触りたい」気持ちが、オーガズムへ達する力になります。

 

体全体が落ちる感覚で力を抜いていく

アソコがムズムズしてくればもっとリラックスした状態を作ります。

手足の力を完全に抜き、沈んでいく感覚を意識します。

意識がしっかりした状態だとノーハンドオナニーでオーガズムに達することはできません。

意識と無意識の狭間にいるときに、最高の気持ちよさを感じることができるのです。

 

エッチな妄想をする

全身の力を抜いていると、頭がぼーっとしてくるはずです。

その状態で自分が大好きなエッチなシチュエーションを妄想しましょう。

どんな妄想でも構いません。

眠たくなっても構わないので、意識と無意識の間で、妄想をどんどん膨らませましょう。

感覚的には寝起き数秒後のぼーっと感を感じていれば成功です。

後は妄想をすればするほど膣が濡れてくるはずです。

気持ちよくなっても絶対に触ってはいけません。

妄想の中でオーガズムに達したと同時に現実でも激しい快感が急にやってきます。

これがノーハンドオナニーの絶頂のやり方です。

意識と無意識の狭間というのは非常に大きなポイントです。

明晰夢の見方などとも似ているので、参考にしてみてはどうでしょうか。

 

ノーハンドオナニーをより気持ちよくする3つのコツ

ノーハンドオナニーは非常に難しいオナニーです。

成功するためにはコツをつかまなければなりません。

成功のためのコツをお教えします。

 

焦らない

ノーハンドオナニーの最大のコツは焦らないことです。

オナニーは気持ちよさを求める行為なので、最初は気持ちよさとは程遠い行為に焦ってしまいます。

それに少し気持ちよくなりそうな気分になってしまうと、クリトリスなどを触りたくなってしまいます。

こうした「焦り」の気持ちはノーハンドオナニーの成功からは程遠い行為です。

何があっても焦らず・慌てずリラックスを追求することが最大の近道です。

 

性欲を高めておく

性欲はないよりある方が成功しやすくなります。

特に性欲が高まる排卵期や生理前はいつもよりムラムラします。

この状態はノーハンドオナニーにおいてはとても好都合です。

オナニーなどで性欲を発散した後は成功しにくくなるので、注意してください。

 

体を疲れさせておく

体を疲れさせておくことも、ノーハンドオナニーのためにはとても好都合です。

体が疲れているときにムラムラした経験はありませんか。

人間は体が疲れた状態になると、本能が子孫を残そうとし、性欲が高まると言われています。

こうした無意識に性欲が高まったり、本能的に性欲が高まる時期は非常に成功率が高まります。

時期を見計らって挑戦してみると良いでしょう。

 

『ノーハンドオナニー やめられない 気持ちいい』まとめ

ノーハンドオナニーは一度成功すると、やめられない気持ちよさにハマってしまいます。

一度オーガズムに達してしまうと、忘れられない記憶となるそうです。

妄想オナニーをすることで、自分の妄想の中での気持ちも満たされるので、終わった後はとても充実した気分になります。

手も洗わなくていいですし、そのまま寝静まれたりもしますしね。

やめられないくらい気持ちいいノーハンドオナニー・妄想オナニーで、ぜひ一つレベルの高いオナニーライフを楽しんでくださいね。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.